奥州市教委は来年度から学校給食の提供回数を増やし、これに伴う給食費の値上げを検討している。

 同市の給食費は市町村合併後に統一し、2008年度以降据え置いてきた。同市の給食回数は県内で最も少なく、保護者へのアンケート調査で「弁当を減らしてほしい」が約4割を占めた。

 年8回の「弁当の日」を給食に切り替える方針だ。