岩手町秋まつり(実行委主催)は4日、同町沼宮内地区で3日間の日程で始まった。初日は小雨が降るあいにくの天気だったが、風流山車や北上川清流太鼓が目抜き通りを練り歩き、訪れた人の目を楽しませた。

 みこしと沼宮内七ツ踊り、駒踊り、五日市獅子踊りに続き、鎌倉時代や戦国時代の戦いなどをテーマにした5台の風流山車が町中心部からいわて沼宮内駅まで運行。北上川清流太鼓の屋台車は雄々しい太鼓の音をとどろかせた。

 5日は午後6時から風流山車や郷土芸能のパレード、6日は正午からみこしの還御を行う。