宮古市重茂 重茂漁協業務部長 後川 良二さん(61)

 宮古の海産物の魅力が詰まった加工品の開発を進めている。今後は漁獲だけでなく、地元で加工し付加価値をつけた商品を生み出す6次産業化の取り組みが重要だ。漁協はトヨタ生産方式「カイゼン」の指導を受けて業務効率化を図っており、その成果や震災復興の歩みについて講演もしている。主体的な挑戦を続け、重茂を発信していきたい。