第78回一関・盛岡間駅伝競走大会(日報駅伝)の資格審査は29日、盛岡市の岩手陸協事務局で行われ、一般22チーム、高校15チームの計37チームの出場を承認した。

 一般は前回と同じ顔ぶれ。高校は前回から4チームが出場を見送った。大会は一般、高校とも国道4号をメインに実施し、コースは前回と変わらない。一般は一関市のJR一ノ関駅前から盛岡市の東北銀行本店前までの11区間95キロ、高校は北上市の東北銀行北上支店前から盛岡市の同本店前までの6区間49・2キロでたすきをつなぐ。

 開会式は11月22日に一関市の岩手日報一関ビルで実施。一般は23日午前8時、高校は同10時半にスタートする。