教育に新聞を活用するNIEを学ぼうと教員が自主的に集う「新聞教育(NIE)学習会inたまやま」(愛称・NIEまなばNight)は18日午後6時半から盛岡市渋民の姫神ホールで第2回学習会を開く。主催者は「無理なくできる新聞教育を学び合いたい」と多くの参加を呼び掛けている。

 NIEまなばNightは、昨年7月に開かれたNIE全国大会盛岡大会のレガシー(遺産)を引き継ごうと今年6月に初開催。教員と学校司書が実践例を通じNIEに理解を深めた。第2弾の18日は、実践教員が持ち寄った指導資料、教材、児童生徒の作品を基に新聞教育の手法を学び合う。

 学習会の代表を務める日本新聞協会認定NIEアドバイザーの高橋和江・好摩小校長は「これから新聞活用を始めようとする先生方も気軽に参加してほしい。新聞教育は確実に子供たちの学力を高め、生きる力を育てる」と呼び掛ける。

 参加無料で、11日までに申し込む。問い合わせ、申し込みは好摩小・高橋校長(019・682・0130)へ。