ニュージーランド・カシミア高 リオン・プライクさん(16)

 海外青少年交流事業で釜石市を訪れ、東日本大震災の被害や住民らがどのように避難したか学んだ。帰国後、家族や友人に貴重な経験で得たものを伝えたい。震災津波で被災した学校跡地に整備された釜石鵜住居(うのすまい)復興スタジアムはとても感動したし、印象に残った。釜石もクライストチャーチもラグビーに対するパッションを持っている。「ラグビーのまち」としてつながりが強くなることを願う。