普代村銅屋 村社会福祉協議会事務局長 下道 裕一さん(60)

 台風19号豪雨はこれまでの想定を超えた土石流の被害が大きい。村としては初めて災害ボランティアセンターを開設したが、数多くの力強い支援で復旧が前進しており、感謝の言葉しかない。被災者支援はまだまだ必要。可能な限りニーズに応えたい。東日本大震災以降、立て続けに大災害が起きた。緊急時の家族の集合場所は高台にある親類の家と決めている。