ノルディックスキーの全日本選手権ジャンプ第1日は26日、札幌市宮の森ジャンプ競技場でノーマルヒル(ヒルサイズ=HS100メートル)が行われ、男子は小林潤志郎(雪印メグミルク、盛岡中央高―東海大)が93メートル、95メートルの合計245・5点で2大会ぶりに優勝を飾った。

 昨季のワールドカップ(W杯)個人総合を制した小林陵侑(土屋ホーム、盛岡中央高)は235・0点で3位だった。葛西紀明(土屋ホーム)は16位にとどまった。

 女子は平昌冬季五輪銅メダルの高梨沙羅(クラレ)が93・5メートル、98・5メートルの合計253・0点で3連覇。伊藤有希(土屋ホーム)が87メートル、86メートルの210・0点で2位に入った。