サッカーJ3のいわてグルージャ盛岡を運営するいわてアスリートクラブ(盛岡市、宮野聡社長)が英会話学校などを展開するNOVAホールディングス(東京都品川区、稲吉正樹社長)の子会社となった。クラブ経営の安定化を図り、チーム力の向上につなげる。

 盛岡市内で25日に行われた記者会見で宮野社長は「企業体として大きくなるチャンス。常に勝利できるチームへ歩みを進めたい」と抱負を語った。稲吉社長は「関わって良かったと思っていただけるようクラブのサポートをしっかりやっていく」と意欲を示した。

 同クラブ発行株式の61%を保有するパルコホールディングス(盛岡市、遠藤渡代表取締役)からNOVAに株式の51%を譲渡する契約を22日に締結。24日のJリーグ理事会で譲渡が承認され、NOVAが筆頭株主となった。