【アナハイム共同】米大リーグ、エンゼルスのジョー・マドン新監督(65)が24日、アナハイムの本拠地エンゼルスタジアムで大谷翔平選手(花巻東高)らが見守る中、就任記者会見に臨み「大谷は何でもできる能力がある。グラウンドに立って、彼と話したい」と、投打の「二刀流」への期待感を口にするなどした。

 大谷が2017年オフにプロ野球日本ハムからポスティングシステムでメジャー入りした際、カブスの監督として交渉の席に着いた。当時抱いた印象を「スポーツ好きで飾り気がなく、礼儀正しい若者」と振り返った。

 エンゼルスは今季、ア・リーグ西地区4位と低迷した。