第37回全国都道府県対抗アマチュアゴルフ選手権JA共済CUP(岩手日報社など加盟の全国新聞社事業協議会主催、日本ゴルフ協会、中国ゴルフ連盟、岡山県ゴルフ協会、岡山県、岡山市、玉野市、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、oniビジョン後援、JA共済連特別協賛、富士通、NEC協賛)は24日、岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズGC(6992ヤード、パー72)で最終ラウンドが行われ、3人のスコアで争う団体は、5位から出た神奈川が458で逆転し、9年ぶり5度目の優勝を飾った。

 2位は兵庫、3位は鹿児島だった。個人は36歳の小原淳(神奈川)が通算1アンダーの143で初優勝した。

 本県は団体がトータル512で、前回と同じ45位だった。初日からは順位を一つ上げた。個人は高橋靖朋(栗駒)が通算10オーバーの154で19位タイ。渡辺正樹(八幡平)は通算20オーバーの164で102位タイ。坂本幸博(宮古)は通算50オーバーの194で143位だった。