久慈市長内町 長内中2年 田高 日々輝(たこう・ひびき)さん

 台風19号で被災した地元長内町で泥だしのボランティアをした。初めて現場を見て、被害の大きさを実感した。家屋や庭に流入した土砂や泥を土のうに詰めたが、とても重くて作業の大変さが分かった。台風当日の夜は高台の祖母宅に避難していた。強い雨の音がずっと聞こえて怖かった。被災された方々が早く元の状態に戻って気持ちも楽になれるよう、自分も手伝って協力していきたい。