アマチュアゴルフの第37回全国都道府県対抗選手権JA共済CUP(岩手日報社など加盟の全国新聞社事業協議会主催、日本ゴルフ協会、中国ゴルフ連盟、岡山県ゴルフ協会、岡山県、岡山市、玉野市、RSK山陽放送、OHK岡山放送、TSCテレビせとうち、oniビジョン後援、JA共済連特別協賛、富士通、NEC協賛)第1日は23日、岡山県玉野市の東児が丘マリンヒルズGC(6992ヤード、パー72)で都道府県代表48チーム(岡山は2チーム)が参加して第1ラウンドが行われ、3人のスコアで争う団体は兵庫が217で単独首位に立った。

 5打差の2位は北海道、さらに1打差の3位で三重が追う。前回優勝の香川は228で9位タイ。個人は67の谷本伊知郎(香川)が単独首位。播戸篤志(兵庫)、竹ノ上剛規(山口)が70で2位に並んだ。前年覇者の塩田一史(千葉)は75で28位タイ。

 本県は団体で251の46位タイと大きく出遅れた。個人は高橋靖朋(栗駒)が5オーバーの77で50位タイ。渡辺正樹(八幡平)は7オーバーの79で83位タイ、坂本幸博(宮古)は23オーバーの95で最下位の144位で折り返した。