花巻市葛の花巻農高(楳原健校長、生徒348人)の環境科学科緑化系列の3年生17人は、卒業制作として同校環境科学科棟西側に茶園「清澄(せいちょう)の庭」を造っている。26日の花農祭での一般公開を目指し、準備を進めている。

 茶園名は宮沢賢治(1896~1933年)作詞の精神歌の一節「清澄ニシテ寂カナリ」から名付けた。奥行き4・5メートル、幅7メートル。8月下旬に設計し、9月上旬に施工。授業や時間を見つけて制作に励んでいる。

 ドウダンツツジやウメ、ダイスギなど落ち着いた色合いの木を植栽。手や口をすすぐつくばいや灯籠、井筒なども整備されている。縁台もあり、まるで茶室から日本の風情あふれる庭を眺めているかのように感じられる。

 花農祭は26日午前9時20分~午後2時50分。入場無料。