北東北産ホップを使ったビールを味わうホップまつり(実行委主催)は21日、軽米町円子のニュー軽米カントリークラブで開かれた。参加者約150人が、23日発売の「サッポロ生ビール黒ラベル東北ホップ100%」をご当地料理とともに一足早く堪能した。

 新商品は同町などで生産された希少なホップ「ホクトエース」を100%使用し、東北で数量限定販売。

 催しは同社や県北、青森県南5市町の連携協定事業として毎年開催。同町晴山の農業古里光典さん(66)は「ふわりとした香りがあり、料理との相性も良い」と満足げだった。