花巻市のるんびにい美術館の企画展「大西暢夫(のぶお)写真展 いのちの姿、あなたの形」は、同市星が丘の同館で開かれている。岐阜県池田町の写真家大西暢夫さんが、矢巾町の重度心身障害者のための施設「みちのく療育園」を約10年間取材し、利用者一人一人に適合した車いすを作る人たちに焦点を当てている。大西さんがこのテーマで発表するのは今回が初めて。

 大小の写真パネル36点を展示。6千枚を超えるカットから厳選した。同園に通い、細心の注意を払いながら車いすを作る福島県磐梯町の森田寅さんや、協力する同園の作業療法士沼田裕司さんらの奮闘に向き合い続けた作品だ。

 来年1月27日まで。水曜日、第4火曜日、12月29日~1月4日休み。午前10時から午後4時半(12月28日は午後2時)まで。大西さん、森田さん、沼田さんのスペシャルトークが11月30日午後2時から、同館で開かれる。参加申し込みが必要。問い合わせは同館(0198・22・5057)へ。