陸前高田市の高田一中(熊谷広克校長、生徒240人)の有志は22日、同市高田町のアバッセたかたでチャリティーコンサートを開き、台風19号で被災した地域の早期復旧を願って歌声を響かせた。

 生徒会を中心とした1~3年生の有志37人が出演した。買い物客や保護者が見守る中、「糸」「結」など4曲の合唱を披露。台風19号被災地への募金と、被災者に届けるメッセージカードの記入を来場者に呼び掛けた。

 コンサートは27日の同校文化祭の宣伝として予定していたが、「東日本大震災の時に支援してもらった恩返しがしたい」との生徒の提案で募金活動を行った。