盛岡地方気象台によると、県内は21日に台風20号から変わった温帯低気圧や前線の影響で、22日夜から23日明け方にかけて大雨の恐れがある。沿岸中心に大雨警報が発表される可能性があり、台風19号の被災地では備えが必要だ。

 県内で予想される24時間雨量は22日午後6時まで多い所で30ミリ、23日午後6時までは50~100ミリ。大雨の時間帯は22日夜から明け方の見込み。沿岸北部、南部で1時間20ミリの強い雨、内陸で15ミリのやや強い雨が予想される。

 本県では台風19号に伴う記録的な豪雨で土砂崩れや河川の被害が発生し、地盤の緩んでいる所がある。普段は災害が起きない雨量でも危険性が高まるため、土砂災害に厳重な警戒が必要だ。

 このほか、マリアナ諸島の台風21号は「非常に強い台風」となり、23~24日にかけて小笠原諸島に接近。その後は日本の東の海上に進み、26日ごろ三陸沖を通過して本県に近づく見通し。東日本や東北の太平洋側を中心に影響が出る可能性があり、今後の進路に注意が必要だ。

 21日午後9時現在、21号は中心気圧955ヘクトパスカル、最大風速45メートル、最大瞬間風速60メートル。中心から110キロ以内が暴風域。