昭和初期の嫁入りを再現した「花嫁道中」は20日、北上市立花のみちのく民俗村で行われた。ともに同市職員で同市里分の藤田哲平さん(27)と千咲さん(28)夫妻が参加し、来場者と門出の喜びを分かち合った。

 同施設で19、20日に開かれたみちのく民俗村まつり(実行委主催)の行事として実施。2人は同市川岸の川岸商店会が主催する「河岸の花嫁門送り」で地域住民らに見送られた後、人力車で入場。両親や友人らと列になって施設内を練り歩き、花嫁が花婿の家に向かう様子を再現した。

 一行は秋空に響く民謡に合わせてゆっくりと歩を進めた。来場者が祝福すると、晴れやかな表情で手を振って応えた。三三九度も執り行い、杯を交わして夫婦の絆を強めた。