西和賀町の北上川ダム統合管理事務所湯田ダム管理支所(山内純一支所長)は21日から「錦秋湖オータム放流inにしわが2019」を行う。水位調整を兼ねた点検放流で秋の実施は10年ぶり。紅葉と放流の共演で西和賀の魅力を発信する。

 放流は21、23、25、28、30日、11月1日の6日間。各日午後1時から同6時まで、堤体最頂部の非常用洪水吐(クレストゲート)6門を開放。落差は約80メートルで毎秒約50トンを放流する。同4時半からはライトアップも実施する。

 放流日は道の駅錦秋湖向かいに臨時駐車場を設け、ダムへの無料シャトルバスも運行する。問い合わせは同管理支所(0197・74・2011)へ。