サッカーの第98回全国高校選手権県大会第5日19日、遠野市の遠野運動公園多目的運動広場などで準々決勝が行われ、4強が出そろった。専大北上は3年ぶり、不来方は6年ぶり、盛岡商と遠野は7年連続の準決勝進出。

 県高校総体覇者の専大北上は1点を追う後半38分にオウンゴールで同点に追い付くと、同40分にMF藤原晴磨(2年)のゴールで逆転。前回準優勝の花巻東を破った。不来方は1-0で江南義塾盛岡に競り勝った。7連覇を目指す遠野は盛岡誠桜に4-1、8年ぶりの頂点を狙う盛岡商は盛岡市立に1-0で勝った。

 第6日の27日は盛岡市のいわぎんスタジアムで専大北上-不来方(午前10時半開始)、遠野-盛岡商(午後1時半開始)の準決勝2試合が行われる。