日本ハムは1日、久慈市出身の岸里亮佑外野手(24)=花巻東高、中村勝投手(27)、田中豊樹投手(25)、立田将太投手(23)、森山恵佑外野手(25)に来季の契約を結ばないと通達したと発表した。

 岸里は今季の1軍出場はなかった。「(2軍で)けがなく出場し、守備や走塁はプロ6年間で積み上げたものが出せた。能力や調子が右肩上がりの中で1軍出場の機会を待っていたが残念だった」と悔しさをにじませた。

 今後は未定。トライアウトに向けて練習を続けるという。「できればプロで野球を続けたいが、就職も含めてさまざまな可能性を考える」と冷静に現状を語った。

 岸里は2013年ドラフト7位で入団。通算成績は9試合で打率2割3分5厘、1打点。昨年のU-23(23歳以下)ワールドカップの日本代表に選出された。