2019.10.18

朗希「国内最速超える」 ドラフト会議

ロッテの1位指名が決まり、仲間に胴上げされる大船渡高の佐々木朗希(中央)=大船渡市・三陸公民館
ロッテの1位指名が決まり、仲間に胴上げされる大船渡高の佐々木朗希(中央)=大船渡市・三陸公民館

 プロ野球のドラフト会議が17日、東京都内で開かれ、最速163キロ右腕として注目された大船渡高の佐々木朗希は日本ハム、ロッテ、楽天、西武の4球団が1位指名で競合し、抽選の結果、ロッテが交渉権を獲得した。花巻北中出身の151キロ右腕、堀田賢慎(青森山田高)は巨人の外れ1位。本県出身選手が初めて2人同時に1位指名を受けた。

国内最速を超える

 緊張感でいっぱいだった剛速球投手がようやく表情を和らげた。パ・リーグの4球団が最速163キロを誇る佐々木朗希を1位指名。抽選の末にロッテが交渉権を獲得すると「まずはほっとした」とにっこり。岩手の至宝は千葉から日本一の投手を目指す。

 「国内最速を超える」「日本一の投手になる」。佐々木の魅力は何よりもスケールの大きさだ。大船渡に似た浜風の中、熱い応援を受けながら全力を出し切る時を誰もが心待ちにしている。

(小田野)

関連リンク