2019.10.18

盛岡大付 力負け 秋季東北高校野球、決勝進出ならず

仙台育英―盛岡大付 1回裏盛岡大付2死一塁、塚本が左越えに本塁打を放ち、2点を先制する。捕手木村、球審立花=県営
仙台育英―盛岡大付 1回裏盛岡大付2死一塁、塚本が左越えに本塁打を放ち、2点を先制する。捕手木村、球審立花=県営

 第72回秋季東北地区高校野球大会第4日は17日、盛岡市の県営球場で準決勝が行われ、本県第1代表の盛岡大付(2年連続19度目)は仙台育英(宮城第1、8年連続33度目)に八回コールド2―9で敗れ、2年連続の決勝進出はならなかった。

 盛岡大付は初回に塚本悠樹(はるき)(2年)の左越え2ランで先制したが、三回に失策から1点差に迫られ、四回は先発大久保瞬(同)がつかまり7安打5失点で逆転を許した。六回から救援した石井駿大朗(同)が粘投したが、打線は三回以降無安打に封じられた。

 センバツ一般選考の東北地区枠は2校で、県勢5年連続の出場は厳しくなった。第2試合は鶴岡東(山形第1、3年ぶり11度目)が仙台城南(宮城、初出場)に10―0で六回コールド勝ちした。

 

秋季東北高校野球 第4日(10月17日)

 
 

岩手日報HPで速報

 岩手日報社は、第72回秋季東北地区高校野球大会をホームページ(HP)でイニング速報します。

試合速報

関連リンク