盛岡地方気象台は16日、低気圧の影響で19日ごろ県内が大雨になる恐れがあるとして、県気象情報を発表した。台風19号の影響が続いており注意が必要だ。

 同日は内陸、沿岸の広い範囲で雨が降る見込み。台風19号による記録的な大雨で各地の地盤が緩んでおり、住家や道路被害なども多くは復旧していない。

 同気象台は少量の雨でも土砂災害や洪水の危険度が高まるため、早めの備えを呼び掛けている。