県生協連(飯塚明彦会長理事)は21日から1カ月間の灯油配達価格を1リットル税込み89円(電話注文は同90円)に決めた。昨シーズンの当初設定価格より14円安い。中東情勢や台風19号の影響によっては今後、変動する可能性もある。

 盛岡市内で15日、第2回灯油委員会を開いた。県生協連などによると、9月にサウジアラビアの石油施設が攻撃されたことで一時原油価格は急騰したが、中東情勢の緊張緩和や世界経済の減速などを背景に最近は落ち着いている。

 昨年は米国の対イラン制裁に伴う供給不安からシーズン当初価格が100円を超えたが、今年は6月から89円を維持。18リットル換算は税込み1602円となり、昨年同期比252円安い。次回委員会は12月または来年1月。