紫波町犬吠森 盛岡三高1年 佐々木 楓さん

 総合探求の授業で釜石市鵜住居(うのすまい)町を訪れた。東日本大震災について小中学校で学んでいたが、現地で被災者の生の声を聞き、多くの命が犠牲になった事実、教訓を改めて胸に刻んだ。内陸でも災害がある。日頃から訓練などを通じて備え、自ら判断して身を守らなければならない。教訓を正確に伝えていきたい。ラグビーワールドカップ(W杯)釜石開催などを通じて被災地・岩手がさらににぎわうことを願う。