洋野町種市 会社役員 阿部 弘美さん(64)

 JR八戸線の津波避難訓練に初めて参加した。緊急停止した列車から脱出する想定だったが、八戸線はワンマン運転が多く、速やかな避難にはこまめなアナウンスと乗客の協力が必要だと感じた。防潮堤にある避難階段は思ったより急で、夜間の安全性が気になった。東日本大震災以降、1週間分の食料と飲み物は確保している。今後も日頃の備えを大切にしたい。