台風19号が本県に接近するのに伴い、鉄道・航空各社は12、13日の計画運休や欠航を相次ぎ決めた。交通機関への影響が拡大し、連休の移動が大きく制限されそうだ。

 JR盛岡支社によると、12日は東北新幹線盛岡発の上りが午後0時16分、下りが午後3時37分を最終列車とし、以降を運休する。13日は昼ごろまで運転を見合わせる予定。

 在来線は12日昼から順次、運休する。山田線が午前11時以降、大船渡、釜石両線が正午以降、北上、花輪両線が午後1時以降、八戸線が午後2時以降、東北本線(盛岡-一ノ関間)が午後4時以降にそれぞれ運休。13日は田沢湖線を除く在来線が終日運休となる見通しだ。

 IGRいわて銀河鉄道は12日午後4時以降に随時運休し、13日は始発から午後2時ごろまで見合わせる。三陸鉄道リアス線は12日の運行が未定で、13日は終日運休する。宮古市と北海道室蘭市を結ぶ定期フェリーの宮古発便は13日を欠航とした。

 花巻空港発着の空の便は、日本航空が12日の札幌、大阪線の全14便中11便を欠航。フジドリームエアラインズ(FDA)の名古屋線は12日の全8便、13日午前の上下各1便を見合わせる。