台風19号は、13日未明から朝にかけて本県に最接近する見通しだ。盛岡地方気象台によると、予想雨量は沿岸や県南を中心に多い所で1時間80ミリ以上、総雨量300~400ミリの猛烈な雨が予想され、本県初の大雨特別警報が発令される可能性がある。気象庁などは記録的な大雨や暴風に最大級の警戒を求め、12日の日中の避難を呼び掛ける。

 気象台などによると、12日夕方から雨が強まり、13日午後6時までに予想される降り始めからの総雨量は多い所で300~400ミリ。10月の月降水量平年値の2~3倍に相当し、観測史上最大の雨量となる可能性もある。

 台風の接近前から前線の影響で雨が降り、12日午後6時までの24時間雨量は多い所で内陸100ミリ、沿岸120ミリが見込まれる。大量の雨が降るため、土砂災害や河川の氾濫が発生する恐れがある。

 12日昼すぎから暴風となり、同日に予想される最大瞬間風速は海上、陸上ともに30メートル。波の高さは7メートルでうねりを伴う。12~13日は猛烈なしけの見込みで、高潮への警戒も必要だ。