矢巾町の建築や不動産など総合生活産業の水本(資本金8500万円、水本慶社長)は、同町又兵エ新田のJR矢幅駅前にビジネスホテルの建設を計画している。岩手医大付属病院の移転開院を踏まえ、2020年春の開業を目指す。

 鉄筋コンクリート造り5階建てのフランチャイズ型ホテル(客室93室)で、用地は965平方メートル。客室はビジネス客向けのシングルが中心で、家族や団体で広く使えるコネクティングルームも設ける。

 1階にレストランとフロントを備え、同町の不動温泉百万石による天然温泉の大浴場も整備する。地元食材にこだわった朝食も用意する。利用者は病院に通う患者や家族のほか、関連業者や研究者らを想定する。