岩手医大(小川彰理事長)の2018年度医学部入試について文部科学省から不適切との指摘を受けた問題で、学内調査の結果、本来合格ラインを上回っていながら不合格とされた8人を追加合格とすることが8日、同大への取材で分かった。対象者は一般入試7人と編入学試験1人。今後意思確認を行い、希望者は今年4月の入学を認める。

 一般入試では、総合評価が低く不合格となった7人を、それより試験の成績が下位の追加合格者と比較した際、明確に不合格と判定する要素が乏しく、不利益な扱いだったと判断した。