JR盛岡支社と東日本高速道路は7日、年末年始の利用状況をまとめた。新幹線は連休が取りやすい曜日配列などから前年同期を上回り、高速道路は悪天候の影響で微減だった。

 同支社によると、2018年12月28日~19年1月6日の利用状況は、東北新幹線古川-北上間58万6千人(前年同期比6%増)、同盛岡-八戸間26万8千人(同8%増)、秋田新幹線盛岡-田沢湖間9万5千人(同6%増)だった。

 東日本高速道路東北支社によると、同期間に県内のインターチェンジを利用した車は1日平均3万6863台(同1%減)、東北全体では同26万386台(同2%減)だった。