県議会盛岡選挙区(定数10)選出の高橋但馬氏(43)=国民民主党=は、9月の任期満了に伴う県議選に4選を目指して立候補する意向を固めた。同党に公認申請している。

 高橋氏は6日、岩手日報社の取材に対し「次期総合計画を踏まえた震災復興、観光立県の推進、保健福祉の充実などに県民目線の政治姿勢で取り組んでいきたい」と決意を述べた。

 今後は後援会(佐藤義正会長)を軸に態勢構築を進める。

 高橋氏は衆院議員秘書を経て2010年の県議補選で初当選し、連続3期。県議会環境福祉委員会に所属。同党県連副幹事長を務める。