盛岡市羽場の市中央卸売市場(小原雄二場長)の初市式と初競りは5日、現地で行われた。市場関係者らが手締めで新年の開場を祝い、今年一年の活況を願った。

 初市式には約100人が参加。谷藤裕明市長は「(卸売市場法改正による)新制度に対応した卸売市場づくりを進めるため、場内関係者と一丸で安全安心な生鮮食料品の安定供給に努める」とあいさつした。

 果物や野菜を積んだ縁起物の「宝船」5隻が競りにかけられ、過去最高となる計31万円で競り落とされ、活気づいた。市場には県産リンゴがずらりと並び、競りの威勢のいい声が響いた。