陸前高田市高田町の商業施設アバッセたかたで3日、一関市の祝い餅つき振舞隊(岩渕一美隊長)による餅つきが行われた。一年の無病息災を願い、つきたての餅を買い物客らに振る舞った。

 午前と午後の2回行い、午後の部には約50人が集まった。振舞隊はにぎやかに民謡を歌い、合いの手を入れて餅をつき、観客は手拍子をして見守った。子どもたちも、童謡に合わせて餅つきを楽しんだ。

 熱々の餅はあんと、一関市特産の曲がりネギの2種類に味付け。宮古市から訪れた小山田保育所園児・中嶋杏ちゃん(6)は「餅つきは楽しかった。ネギがおいしい」と満足げに笑った。