【インスブルック共同】ノルディックスキーのワールドカップ(W杯)ジャンプ男子は4日、オーストリアのインスブルックで伝統のジャンプ週間第3戦を兼ねた個人第10戦(ヒルサイズ=HS130メートル)を行った。小林陵侑(りょうゆう)(22)=土屋ホーム、八幡平市・松尾中―盛岡中央高=が合計267・0点で今季、通算ともに7勝目を挙げ、葛西紀明(土屋ホーム)が持つジャンプ日本男子の同一シーズンW杯最多記録を塗り替えた。

 予選1位の小林は1回目に最長不倒の136・5メートルを飛んでトップに立ち、2回目は131・0メートルでリードを広げた。自身初の4連勝。ジャンプ週間では3連勝を飾り、1997~98年シーズンの船木和喜(フィット)以来、日本勢2人目の総合優勝に大きく前進した。

 ジャンプ週間最終戦を兼ねた個人第11戦は6日、オーストリアのビショフスホーフェンで行われる。