盛岡市は同市の「食と農」の魅力を発信するウェブサイト「美食王国もりおか」を開設した。盛岡ならではの農畜産物とその生産者、6次産業化の取り組みなどを紹介。生産者や食関連などの事業者、消費者の連携を促すことで商品開発など新たな可能性を生み出し、食材のブランド確立につなげる。

 サイトでは市がブランド化に取り組む▽盛岡りんご▽津志田芋▽アロニア▽もりおか短角牛▽黒平豆(くろひらまめ)▽行者にんにく-の6品目をそれぞれの生産者の写真付きで掲載する。

 市が2017年度から取り組む「もりおかの食と農バリューアップ推進事業」の一環。市農政課の吉田充課長は「生産者や消費者、事業者がネットワークをつくり、交流できる場にしたい」と連携の広がりを期待する。サイトはhttps://oishii-morioka.com