盛岡市の県社会福祉事業団(水野和彦理事長)は30日、老朽化に伴い県が移転・改築を進めている滝沢市の福祉型障害児入所施設みたけ学園と障害者支援施設みたけの園の後継施設の新名称を発表した。

 公募に応じた136点の中から、盛岡市手代森の旧県立療育センター跡地に2020年ごろ開設する福祉型障害児入所施設をてしろもりの丘、滝沢市穴口の現施設敷地内に22年ごろ整備する障害者支援施設をみたけの杜(もり)と決めた。

 みたけ学園とみたけの園は1959年に開園。81年の全面改築工事から35年以上経過している。