花巻空港と中国・上海を結ぶ国際定期便は30日、就航した。欧米や東南アジアなど世界各都市ともつながる上海浦東(プードン)国際空港との間で週2回運航し、インバウンド(訪日外国人客)の拡大による経済効果や、県民の利便性向上が期待される。本県の国際定期便は台湾に続いて2路線目。運航する中国東方航空は搭乗率80%以上を目標に据えており、アウトバウンド(出国日本人客)を含めた双方向の利用促進が鍵を握る。

 上海発の就航第1便(座席数156席)は同日午後2時ごろ、花巻空港に到着した。ロビーでは降り立った乗客135人を達増知事や上田東一花巻市長、佐々木順一県議会議長らが拍手で出迎えた。歓迎セレモニーで、達増知事は「両地域の交流人口の拡大、ビジネスや文化の交流、相互理解がさらに促進され、日中の友好関係が一層深まることを念願する」とあいさつ。中国東方航空幹部や中国駐札幌総領事館の孫振勇(そんしんゆう)総領事と共にテープカットとくす玉割りで就航を祝った。

 上海便は毎週水、土曜に往復運航する。3月末までのダイヤは午前10時15分上海発、午後2時10分花巻着と、午後3時10分花巻発、午後6時上海着(ともに現地時間)。航空券は同社の公式サイトなどから購入できる。