【北海道釧路市で運動部・千葉恵】釧路市で開催される第74回国民体育大会冬季大会スケート、アイスホッケー競技会は30日にコーチャンフォー釧路文化ホールで開始式が行われて開幕し、競技が始まる。和歌山、鳥取、山口、高知を除く43都道府県から約1700人の選手団が参加して2月3日まで開催される。

 本県選手団の先陣を切って30日、新潟との1回戦に臨むアイスホッケー成年チームは29日、釧路市内の宿泊先で結団式を行い、3年連続初戦突破へ士気を高めた。

 竹田浩久団長が八百板正人副主将に団旗、平藤淳総監督が千葉生太副主将に国体選手証を手渡し、谷上将司主将が「一つでも多く、勝ち残れるよう全員で頑張る」と決意表明した。スケート陣は30日、結団式を行う。