県高体連(会長・中島新盛岡三校長)は29日、第68回全国高校スキー大会(スキーインターハイ、2月8~12日、秋田県鹿角市)の本県選手団を発表した。県高体連スキー専門部の松尾和彦部長(盛岡南校長)を団長に本部役員5人(1人は監督を兼ねる)、監督・コーチ13人、選手26人、マネジャー3人の総勢46人で挑む。

 選手26人は前回より3人少ない。アルペン9人(男子5人、女子4人)、距離14人(男子8人、女子6人)、ジャンプ・複合3人(男子2人、女子1人)。

 大会は「躍動 雪の華たち咲き誇れ 鹿角の風を切って」をスローガンに2月8日、鹿角市文化の杜交流館で開会式が行われ、本県選手団は谷地が主将を務める。翌9日から花輪スキー場で競技が行われる。