県内6信用金庫は今月、モバイル決済のOrigami(オリガミ、東京都、康井義貴社長)のシステムを使い、取引先店舗などに同決済サービスの導入を促す。商店街などでキャッシュレス対応を広め、増加するインバウンド(訪日外国人客)や青壮年層の需要を取り込み、地場経済の活性化につなげる。

 6信金は昨年11、12月にそれぞれオリガミと業務提携。合同研修会を経て個別に取引先などへの加盟の働き掛け、導入支援に動く。

 オリガミのシステムは店頭で支払いの際、客がスマートフォンでQRコードを読み取り、電子的に決済する仕組み。現金を使わずに支払いが完了する。