一関市厳美町の市博物館(入間田(いるまだ)宣夫館長)は26日から同館でテーマ展「縄文人のセンス―貝鳥(かいとり)貝塚の出土品―」を開く。同市花泉町油島の県指定史跡、貝鳥貝塚をテーマにした展覧会は初開催で、研究のため東京で保管されていた出土品が2013年に市に返却され実現。骨角器を中心とする装飾品や土器、土偶などを展示し、縄文人の感性に触れることができる。

 1956~69年に貝鳥貝塚で行われた発掘調査で見つかった、約2500~4千年前の縄文時代末期・晩期のものとされる200点以上の出土品を展示。オオカミの下顎の骨を使った垂飾品や、シカの角を加工した髪を結うための笄(こうがい)などの装飾品を中心に、当時の技術の高さをうかがうことができる。

 26日は入館無料。午後1時半から盛岡大文学部長の熊谷常正教授が「東日本の縄文貝塚と貝鳥貝塚―可沼のほとりの人々―」と題して講演。同3時15分から展示解説会も開く。

 3月24日まで。午前9時~午後5時。月曜休館。一般300円、大学・高校生200円、中学生以下無料。問い合わせは同館(0191・29・3180)へ。