24日の県内は冬型の気圧配置となり、36観測地点中26地点で真冬日となった。盛岡市薮川の岩洞湖では氷上ワカサギ釣りが解禁され、愛好家らが楽しんだ。

 氷上には午前5時すぎから色とりどりのテントが並んだ。同日の盛岡・薮川の最低気温は氷点下9・7度(平年比4・7度高)。防寒着に身を包み、厚さ15センチ以上の氷にドリルで穴を開け、釣り糸を垂らした。

 矢巾町又兵エ新田の会社員坂本悠太さん(27)は「毎年来ているが、この寒さも含めて楽しい」と魚信を待った。