2019.01.24

盛岡広華会が新年交賀会

和やかに語らい、新たな年の飛躍を誓う会員ら
和やかに語らい、新たな年の飛躍を誓う会員ら

 岩手日報盛岡広華会(玉山哲会長、114会員)は23日、盛岡市盛岡駅前北通のホテルメトロポリタン盛岡ニューウイングで新年交賀会を開いた。

 約120人が参加した。玉山会長は「国際リニアコライダー(ILC)誘致はいよいよ大詰め。民間から誘致を盛り上げたい。今年は元号も、消費税率も変わる。手を携えて地域振興に努めよう」と呼び掛けた。

 岩手日報社の東根千万億社長があいさつし、盛岡市の柴田道明副市長が祝辞を述べた。新入会員の岩手ヤクルト販売、海ごはんしまかを紹介。岩手銀行の佐藤求常務取締役の発声で乾杯した。会員たちは地域経済の展望について語らい、親睦を深めた。