住田町の奇祭「水しぎ」は24日、同町世田米の愛宕地区で行われ、仮装した一行が無火災と無病息災を願って町内を練り歩いた。

 愛宕青年団一の会を中心に、古着姿で奇抜な化粧を施した35人が参加。「ミッサイナ、ミッサイナ(見てくださいな)」とはやしたて、一斗缶を打ち鳴らしながら約350軒を回った。

 同町世田米のまち家世田米駅では、最も印象に残る踊りと姿を披露した人を決める水しぎっぺコンテスト(実行委主催)が開かれ、過去最多の11人が参加。意気込みを述べ、にぎやかに踊る姿に観客から笑いと声援が起きた。