第91回選抜高校野球大会(3月23日から12日間・甲子園)の出場32校を決める選考委員会は25日、大阪市内で開かれる。県勢は昨秋の東北大会で準優勝した盛岡大付の選出が有力だ。出場が決まれば同校として2年ぶり5度目、県勢としては初の4年連続のセンバツ切符となる。

 昨年の秋季大会の成績を資料とし、一般選考29校(北海道地区の神宮大会枠1を含む)と、21世紀枠3校を選ぶ。東北地区枠は2で、東北大会で頂点に立った八戸学院光星(青森)、準優勝の盛岡大付が順当に選出されるとみられる。