【福島県郡山市で運動部・菊池宗矩】第68回全国高校スケート、アイスホッケー選手権は22日、開始式で開幕した。競技は23日から27日まで実施され、約1400人の選手団が参加する。

 福島県郡山市の郡山ユラックス熱海で行われたスピードスケートの開始式で、郡山商の黒沢萌恵(3年)が「今まで積み上げてきた努力を自信に変え、最後まで正々堂々と滑り抜く」と力強く選手宣誓した。

 これに先立ち実施された本県選手団の結団式で、岩渕健一団長(盛岡農校長)から旗手の関龍之介(盛岡農3年)に県高体連旗が渡された。選手を代表して熊谷萌(盛岡工3年)が「一人一人ベストパフォーマンスを出せるよう、選手団一丸となって頑張る」と誓った。