国民民主党の玉木雄一郎代表と自由党の小沢一郎共同代表は22日夜、両党が合流する方向で大筋合意し、県内の両党関係者の間では衝撃が走った。仮に県連も一体となれば大きな野党勢力を形成することになるが、民主党分裂以来、双方で微妙な空気感が続くだけに現時点で行方は不透明。県内4野党で進める参院選統一候補の選定スケジュールにも影響しそうだ。

 「何も聞いていない」と国民民主党県連の黄川田徹代表は開口一番に語った。たもとを分かった小沢一郎自由党代表(衆院岩手3区)の勢力とは、野党共闘の流れの中で対立ムードこそ沈静化したが「小沢氏へのアレルギーは根強い」と国民民主県連幹部。

 階猛衆院議員(岩手1区)や県議5人らが所属する県連の対応について、黄川田氏は「結束しなければいけないが、党本部から納得できる説明があるかどうかだ」と困惑もにじませた。